FC2ブログ
 
 
         
 
 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 
 

豆の皮をむいて焙煎する新製法
顔缶で有名なポッカコーヒー。缶に写っている歴代の顔を年代ごとに並べてみると、その頃の時代背景にマッチした、いろんなオジサンの顔があったことに驚かされる。歴代顔缶一覧を見るとポッカの絶え間ない努力がわかるものだ。今は業績悪で苦しい状況のようだが、業界初の缶コーヒーを出したプライドをもって、今後もできる限りあの顔缶へのこだわりを続けてほしいなぁと感じるところ。そんなポッカからだが、先日、缶コーヒーの新商品を伝える一報がとびこんできた。

ニュースリリースを観たい方はこちら↓
コーヒー豆を磨きあげ、きれいな後味にこだわった「吟醸仕立て」

ポッカ 日本酒に学ぶ
このページをご覧の皆さんもすでにご存知のことかと思う。精米の過程で表皮をとりのぞき、精米歩合60%以下(回り40%を削ったの意)の白米と米麹および水を原料として製造された日本酒がいわゆる吟醸酒、あるいは純米吟醸酒だ。俗に吟醸香といわれるフルーティな香りと、すっきりとした後味が吟醸酒の一般的な特徴となっている。ポッカはその日本酒の製造法を缶コーヒーに応用してきたわけだ。雑味の原因となるコーヒー豆の薄皮を取り除くために、通常の2倍以上の時間をかけて研磨、丹念に磨き上げた豆だけを使って焙煎した缶コーヒーが今回の‘吟醸仕立て’という商品だ。

高品質へのこだわりは応援したい
ここ最近、やたらミルクを加えたカフェラテやカプチーノのタイプ、またはヤケに味の濃い深入りエスプレッソタイプの缶コーヒーが、次々と飲料メーカー各社から発売されていた。しかし肝心の中身はというと、前者は妙な甘さが口に残ったり、後者はただ濃いだけで眠れなくなったり・・・と、求めているおいしい缶コーヒーというものからはかけ離れた、ゲテモノ感を感じる商品が多かったように思う。そんな中で今回、いろんなものを混ぜる方向ではなく製造法にこだわり、高品質化を図った新商品を出してきたポッカは非常に評価できる。豆の銘柄がはっきりしない点が少しキズではあるが、発売の日が楽しみな一品だ。吟醸なんて名前だけじゃ~ん・・・なんて言われない、期待はずれ商品にならない、味わい深い商品であることを祈りたい。


ブログランキングに参加しています
『 このブログ役立つなぁ 』 と感じたら、
↓↓応援よろしくお願いします


皆さんのワンクリックでランキング順位がアップすると
さらにたくさんの方々に多くの情報をお届けできます

スポンサーサイト

 
 
 
 
 
 











管理者宛の投稿

 
 
 
 
 
100円じはんきは どこ?
 

100円じはんき!
 の詳細情報をご紹介する
 ページをご用意しました

 駅から5分でいける
 100円じはんきの場所
 が知りたい!! という
 方はこちらをどうぞ↓

 ワンコイン族の
100円じはんき!



The following



 
 
このブログは・・・
 

 サイト管理者の趣味により、都内の自動販売機の情報をこっそり紹介しちゃおうというコミュニティサイトです。


 
 
カレンダー
 

 
 
ワンコイン族 とは?
 

  

 このブログでいうところの
 ワンコイン族の説明です。

 
 
カテゴリー
 

 
 
最近の記事+コメント
 


 
 
月別アーカイブ
 

 
 
ブロとも申請フォーム
 

この人とブロともになる

 
 
リンク
 

このブログをリンクに追加する

 
 
ブログ内検索
 

 
 
RSSフィード
 

 
 
最近のトラックバック
 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。