上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 
 

こんちは~ コカコーラ
そんなイキのいいオヤジが挨拶に来たのかな?と思える名前のボトルが昨日(5/29)、知的財産高等裁判所によって立体商標として認められましたというニュースが日本列島を走った。理由はいくつかあるものの、「同じような特徴を持ったボトルは他にはない」とかで認めたらしい。これじゃ~要するに、市場に先に広めたもの勝ち。デファクトスタンダードってことと一緒で、日本で初めて認めたにしてはヤケにお粗末な理由だなぁと感じてしまう。この1件も、日本は法の解釈と運用に関しては本当に遅れている国だなぁと改めて感じてしまう結論だ。

詳細情報を見たい方はこちら↓
コンツアーボトルの立体商標が認められる

なぜ巷にコンツアーボトルは少ないの?
立体商標として認められました~って嬉しそうに発表するのはいいんだけど、ふと考えてみると、じはんきにもコンビニにも、コンツアーボトルとやらは非常に少なく、ほとんど見かけることがない。ず~っと前から営業していてクリームソーダを置いてそうなサ店とか、フリードリンクはオレンジジュースとコカコーラだけですというような居酒屋でしか、見かけた記憶がない。大して使ってもいないくせに商標として登録して、独占しようなんて、コカコーラも随分都合が良すぎるんじゃないか。

どうしても120円で売りたいコカコーラ
190mlのコンツアーボトルは100円や110円で販売されていたのを覚えているけれども、コカコーラ社はコカコーラに限らず、全ての商品を120円以上で販売する戦略を取り続けている。原価率の高い、内容量の少ない商品を安くは売りませんと言わんばかりに、内容量の多い商品ばかりがコンビニやじはんきに並べられている。この考え方に従うと、190mlのコンツアーボトルはそんなに主力サイズにしたくないってことになる。それがなかなか消費者が『コンツアーボトル』に『こんにちは』って言えない状況を作り上げているわけだ。コカコーラが路線変更をしないとすると、今後もお目にかかれるのはCMの途中と、一部のサ店や居酒屋だけ。食料品がみんな値上げされていく中、ジュースだけでも安くなってくれって感じだけど、今回の判決のニュースからも、そんなことは期待できないのかな?って思えて仕方がない。


ブログランキングに参加しています
『 このブログ役立つなぁ 』 と感じたら、
↓↓応援よろしくお願いします


皆さんのワンクリックでランキング順位がアップすると
さらにたくさんの方々に多くの情報をお届けできます

スポンサーサイト

 
 
 

10,000名さまに当たる!
コカコーラは缶コーヒーブランドのジョージアを購入のお客さんに向けて、またまた羽振りのいいキャンペーンをスタートさせた。おサイフケータイなどで利用されている電子マネーのEdy500円分をなんと、10,000名さまにプレゼントするというのだ。シール1枚1ポイントから応募が可能なので、そんなに何本も缶コーヒーを飲む必要もないキャンペーンとなっていて、いつになく参加しやすくなっている。

キャンペーン詳細情報を観たい方はこちら↓
Edy 500円分が10,000名様にその場で当たる!

忘れた場合も再利用ができる
コカコーラのキャンペーンはここ最近、シールのシリアルナンバーをパソコン上で入力する応募方法を最も多く採用している。この方法でのキャンペーンが始まった時は、いちいち入力なんて面倒だなぁと感じたものだった。しかし、これにはコカコーラ社と販売店にとって大きな利点があった。シールの内側にあるシリアルナンバーは1つ1つすべてが別のものになっていて、実は中央での一括管理がされている。このために、1回でも利用されればそのナンバーは使用済みとなるが、お客さんが登録をし忘れた場合や、商品が前のキャンペーンの期間で売れ残った(在庫商品)場合も、次回以降の別のキャンペーンで利用できるというわけだ。つまり、前のキャンペーンが済んじゃったから、このポイントは貯めても意味ないんだよな~ってことはもうなくなったし、コカコーラもキャンペーンごとにシールを用意する必要がなくなった。これは実に画期的で、ITの進歩がシールの再利用→ECOにつながっているということを示している。

総額500万円はちょっと少なくない?
エコにつながっていることもわかった。あとコカコーラに求めるのは、更なる羽振りの良いキャンペーンだけ。今回のキャンペーンでお客さんにプレゼントされるEdyの総額は500円×10,000名さまの500万円。一方、コカコーラカンパニーの全世界の売上は241億ドル(1ドル100円として2兆4,100億円)。まだまだ、お客さんに還元している量が少なすぎる気がするのはワタクシだけでしょうか。他の飲料メーカーが四苦八苦する中、1人勝ちしているんだからもうちょっと還元してほしいところだ。


ブログランキングに参加しています
『 このブログ役立つなぁ 』 と感じたら、
↓↓応援よろしくお願いします


皆さんのワンクリックでランキング順位がアップすると
さらにたくさんの方々に多くの情報をお届けできます

 
 
 

水やりってなんだ?
最近、キリンのCMで仲間由紀恵が水鉄砲のようなものを盛んに吹かしているのがオンエアされている。カラダを中から潤すという売りで昨日(5/27)から発売しているキリン 潤る茶のCMで、布施明の曲をバックに、なにやらすごく楽しそうに何度も水を出しているあのCMだ。しかし、ちょっと不可解なのはCMの名前が「水やり」篇となっていて、水やりってなに?って聞きたくなっていることだ。

CMを見たい方はこちら↓
キリン 潤る茶(うるるちゃ) 水やり」篇

どう見ても霧吹き
水やりとは水槍?と最初は思うけれども、どうやってみても水鉄砲か、霧吹き。精一杯理解しようと努めても、「水を植木にやっている」って意味なのかなとしか思えない。霧吹きで何回も水を出して部屋中の湿度を上げて、潤えましたってことだろうか。のどだけ潤すお茶の方がよっぽど、扱いやすいような気がするのはワタクシだけでしょうか?

ところで潤うの?潤えないの?
水やりが水槍なのか、そうじゃないのか。カラダが潤うのか、潤えないのか、いずれにしても、いまいちピンとこない潤る茶。水の持つのどを潤す効果以上にハッキリとした潤いの効能があるのか、霧吹きCMでまた、一番聞きたいところをグレーに隠されたなぁと感じられてしまうが、まあ新発売したばかりだから、少しの間は様子を見てあげるとしましょう。潤る茶を買った女性から、なんにもお肌がよくなんないよってクレームが走るまでは売れるんじゃないかな。


ブログランキングに参加しています
『 このブログ役立つなぁ 』 と感じたら、
↓↓応援よろしくお願いします


皆さんのワンクリックでランキング順位がアップすると
さらにたくさんの方々に多くの情報をお届けできます

 
 
 

スプライトに新キャラが登場!
コカコーラは昨日(5/26)から、スプライトとスプライトゼロの新キャラクター:ハジケル・ジャクソンのページを公開した。昨日からの新スプライトと新スプライトゼロの発売に合わせて、Web上で展開する試みとして、新キャラクターが日本縦断の旅をしますという設定で、マスコットキャラクターのハジケル・ジャクソンが実際に宗谷岬をスタート。1日目である5/26はノシャップ岬に到達した様子がわかるようになっている。

詳細情報を見たい方はこちら↓
ハジケル・ジャクソンの日本縦断の旅がついに開始!

最新のWebツールを使用!
それにしてもさすがはコカコーラ。グーグルマップとYouTubeをページ上で使って、今ハジケル・ジャクソンがどこまで進んでいるか、何をしているのかが一目瞭然にわかるようにしている。5/27の今日は、動画はないものの、グーグルマップ上での軌跡から、昨日のノシャップ岬到達から南下し、豊富温泉でゆっくりしているのがわかる。

進ぬ電波少年のハジケル・ジャクソン版?
スプライトの新キャラクターが始めた、90日間の日本縦断の旅をYouTubeで追跡できるという新しい試み。最近、下火気味だなぁと思っていたスプライトを心機一転させて、売上アップを狙うコカコーラの狙いは非常によくわかる。消費者としては、面白くて美味しければなんでもOK。どんどんやって行きましょうって感じが、正直なところ。一見、ミサイルだか爆弾だかわからないような姿かたちのキャラクターだけど、やってることはかわいいから、彼の日本縦断の旅をゆっくりと見守ることにしましょう。


ブログランキングに参加しています
『 このブログ役立つなぁ 』 と感じたら、
↓↓応援よろしくお願いします


皆さんのワンクリックでランキング順位がアップすると
さらにたくさんの方々に多くの情報をお届けできます

 
 
 

15回目の試写会キャンペーン
大塚ベバレジが定期的に開催している試写会キャンペーンも今回で15回目となった。当初は邦画を取り上げることが多く、これなら応募しなくてもいいかな?と感じてしまう作品ばかりだったものの、徐々にハリウッド作品も当キャンペーンの対象になることが増えてきて、今回のような期待以上の作品に出会えることもたま~に出てきた。

詳細情報を見たい方はこちら↓
映画試写会にペアでご招待♪「シネマカフェVol.15」スタート

意外に声優人がすごいカンフー・パンダ
カンフー・パンダには、猿拳を操るマスター・モンキー役にジャッキー・チェン、その他にもティグリス役にアンジェリーナ・ジョリー、今となっては大御所のダスティン・ホフマンまで、声優として出演している。カンフーだからジャッキー・チェンというのは、ちょっと短絡的すぎる感じもするが、アニメやCGだからといって手抜きはしてないよということをアピールしているならば、まぁいいかなとも思える。

ここらで白黒つけようぜ!
10組20名さまと少ない当選数だけど、映画のキャッチフレーズのようにここらで応募してみて、白黒つけてみるのもありかな?と思える方は、簡単なのでぜひ応募してみてほしい。今の20名さまでは試写会としてはまだまだ小規模だけど、これを繰り返していくうちに大塚ベバレジが、100~200名を呼べる規模のキャンペーンを貼れるように成長してもらいたいところだ。


ブログランキングに参加しています
『 このブログ役立つなぁ 』 と感じたら、
↓↓応援よろしくお願いします


皆さんのワンクリックでランキング順位がアップすると
さらにたくさんの方々に多くの情報をお届けできます

 
 
100円じはんきは どこ?
 

100円じはんき!
 の詳細情報をご紹介する
 ページをご用意しました

 駅から5分でいける
 100円じはんきの場所
 が知りたい!! という
 方はこちらをどうぞ↓

 ワンコイン族の
100円じはんき!



The following



 
 
このブログは・・・
 

 サイト管理者の趣味により、都内の自動販売機の情報をこっそり紹介しちゃおうというコミュニティサイトです。


 
 
カレンダー
 

 
 
ワンコイン族 とは?
 

  

 このブログでいうところの
 ワンコイン族の説明です。

 
 
カテゴリー
 

 
 
最近の記事+コメント
 


 
 
月別アーカイブ
 

 
 
ブロとも申請フォーム
 

この人とブロともになる

 
 
リンク
 

このブログをリンクに追加する

 
 
ブログ内検索
 

 
 
RSSフィード
 

 
 
最近のトラックバック
 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。